地域のお仕事_鳥取東中部_中高生
18/32

ガスは、家庭や学校、町のあちこちで大だい活かつ躍やく!ガスってなんだろう?料理をしたり、部屋を快適な温度にしたり、物を作ったり、車や飛行機を動かしたりするために、さまざまなエネルギーが使われています。そのひとつが「ガス」です。ガスは透とう明めいで、目には見えないけれど、家庭や学校、会社や工場など多くの場所で大活躍しています。さまざまなガスが私たちの暮らしやモノづくりを支えていますエネルギー英語で、気体のことをガスと言います。気体とは、空気のように目に見えなくて、形が自由に変わるものです。ガスにはさまざまな種類があって、何からできているか、どんな性質を持っているかによって使われ方も違ちがいます。ガスは、家庭やお店での調理やお湯をわかすのに使われる「くらしを支えるガス」と、工場などで使われる「モノづくりガス」の2つに大きく分かれます。どうやって届けられているの?暮らしを支えるガスの原料のほとんどは外国から輸入しています。冷やして液体にすることで体積を小さくして船で運んできています。酸素や窒素など空気中にあるガスは、空気を圧縮、冷れい却きゃく、分ぶん離りして作られます。工場で製造途と中ちゅうに発生するガスを活用して作られるものもあります。さんそ学習館ケイオスキャラクターさんそちゃん◦LPガス◦都市ガス工場など◦ヘリウム◦窒ちっ  素そ◦アルゴン◦酸  素◦水  素◦炭酸ガス大気中圧縮・冷却・分離精製スマートフォンお菓か子し・炭酸飲料工場ロケット家お風ふ呂ろ料理空調お店MエムアールアイRI(検査装置)病院その他くらしを支えるガスモノづくりガス液化天然ガス(LエルエヌジーNG)液化石油ガス(LエルピージーPG)外国(中東諸国・アメリカなど)油田天然ガス田石油ガス基地天然ガス基地18

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る