地域のお仕事_鳥取東中部_中高生
21/32

西にし谷たに技ぎ術じゅつコンサルタント 株かぶ式しき会がい社しゃhttps://www.nishi-tc.co.jpURLどんな仕事をしている?災害後の復旧設計倉吉市八屋354番地1TEL 0858-26-2411 FAX 0858-26-5537創業/1958年3月 従業員数/125人豪雨や台風などの災害の後で、崩れたり壊れたりした道路や河川などを、元どおりにするための測量・調査・設計もおこないます。被災地域の方が生活に困るため速やかにおこなう必要があります。災害が再び起こらないためにも、しっかりとした調査と設計が必要です。建設コンサルタントは自分たちの地域を暮らしやすく設計する仕事です。県内には私たちが設計した道路や橋、河川がたくさんあります。これがこの仕事の面白さです。また、常に学び、技術を高め、新しい技術を持って仕事に向かうことも建設コンサルタントの誇ほこりです。私たちは鳥取県に住み、鳥取県を見つめ、よりよい地域を作る事を仕事としています。この仕事の魅み力りょく防災安心・安全なまちづくり地域づくりドローン・3Dレーザー・トータルステーションなどの測量機器を使って、工事する場所の精密な地形データを取得します。その後、測定したデータをパソコンに入れて、専用ソフト上で図面をつくります。測量・調査のデータをもとに、道路や橋、構造物の設計図面などをパソコンの2次元や3次元の製図ソフトを使って作成します。将来にわたって安心・安全に使っていける設計やデザインをおこなっています。橋や建物の工事がおこなわれる場所で、「ボーリング」と呼ばれる孔(あな)を開ける作業をおこない、地盤の性質を調査します。地盤の正確なデータからさまざまな安全対策を立てます。老朽化した道路や橋など、古くなった公共物の補修や復旧のための工事をおこなうために、調査・点検、設計をおこなうのも建設コンサルタントの仕事です。測量のしごと設計のしごと調査のしごと維持管理のしごと21

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る