地域のお仕事_鳥取東中部_中高生
28/32

刑けい務む所しょでは、みなさんの社会を守るためのさまざまな仕事をしています刑務所で働く人はどのような仕事をしているの?刑務所は、裁判で刑が確定した受刑者を収容し、改善更こう生せいさせる施し設せつで、社会復帰後に再び犯罪を起こさないように教育や指導などをしています。刑務所で働く人の仕事には、刑務所内の安全を守る「刑務官」、受刑者に刑務所内の仕事(刑務作業)を教える「作業専門官」、受刑者の性格調査などをおこなう「調査専門官」、受刑者が社会復帰するにあたり必要な教育をおこなう「教育専門官」、社会復帰後に幸せに生きていくための指導や調整をおこなう「福ふく祉し専門官」などがあります。各分野の専門職員が受刑者の指導に関わっています。みんなが安心安全に暮らしていける社会づくりに貢こう献けんしています国家公務員刑務所内では、大勢の人がさまざまな役割で仕事をしています。ここでは刑務官と作業専門官の仕事を見てみましょう。受刑者が、刑務所内の規則を守らないなどの問題を起こさないように、施設内を見回り、受刑者の生活を指導、監かん督とくしています。刑務官は、刑務所内の安全を守るとても大切な仕事です。刑務官と警察官の違ちがいって?「刑務官と警察官って同じなの?」という声を聞くことがありますが、刑務官と警察官はまったく違う仕事です。刑務所の中でみなさんの安心安全を守っているのが「刑務官」。受刑者が再び犯罪をしないよう、指導監督をしている人です。地域社会の中でみなさんの安心安全を守っているのが「警察官」。犯罪をした人を捕つかまえる人です。「みなさんの安心安全を守る仕事」という役割は同じですが、活かつ躍やくする場所が違うのです。作業専門官刑務官受刑者が社会で仕事をするために役立つ知識や技能を身につけられるように、刑務作業を通してさまざまな指導をしています。 刑務作業で中心になるのが「物作り」です。作業専門官の熱心な指導のもと、木工製品や革製品などの多種多様な物が作られています。28

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る