地域のお仕事_島根東部_小学生
16/60

日に本ほん酒しゅは、“お米こめ”からつくられるんです日に本ほん酒しゅができるまで日に本ほん酒しゅは、どうやってつくられているか知しっていますか? いろいろな仕し事ごとが機き械かい化かされていく時じ代だいの中なかで、富ふ士じ酒しゅ造ぞうのように日に本ほん酒しゅをつくる仕し事ごとは、ほとんどが人ひとの手てでつくり出だす昔むかしながらの作さ業ぎょうです。手て間まはかかりますが、お米こめ一ひとつぶ一ひとつぶを大たい切せつにし、おいしくなるように心こころをこめてつくっています。出いず雲ものきれいなお水みずとお米こめを使つかって、おいしいと言いってもらえるお酒さけをつくっています酒さか蔵ぐら精せい米まいお米こめの余よ分ぶんなところをけずります。洗せん米まいけずったお米こめをあらいます。21蒸むすあらったお米こめをむします。3酛もとにこうじ・蒸むし米まい・水みずを3回かいに分わけて入いれます。こうじ菌きんをふりかけ、お米こめのデンプンを糖とうにする酵こう素そをつくります。こうじに、水みず・蒸むし米まい・酵こう母ぼを入いれ、酵こう母ぼを育そだてます。これが酛もとになります。もろみをつくる酛もとをつくるこうじをつくる5647発はっ酵こうしたもろみをしぼります。しぼって出でてきたのが日に本ほん酒しゅです。最さい後ごにお酒さけのラベルをはって、できあがり!しぼったお酒さけをビンにつめます。しぼるビンづめラベルはり8916

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る