地域のお仕事_島根東部_小学生
54/60

しまね信しん用よう金きん庫こは、地ち域いきのなかで、地ち域いきのための仕し事ごとをしています信しん用よう金きん庫こと銀ぎん行こうのちがい信しん用よう金きん庫この仕し事ごとしまね信しん用よう金きん庫こ(しましん)の仕し事ごとは、地ち域いきの方かたからおあずかりしたお金かねを、同おなじ地ち域いきで商しょう売ばいされている方かたや企き業ぎょうなど、お金かねを必ひつ要ようとされている方かたに借かりていただくための「橋はしわたし」をする仕し事ごとです。お金かねを橋はしわたしすることを通つうじて、地ち域いきの経けい済ざいを元げん気きにしたり、人ひとびとのくらしを豊ゆたかにすることが、信しん用よう金きん庫この役やくわりです。地ち域いき社しゃ会かい発はつてんに力ちからをつくしている金きん融ゆう機き関かんです金きん融ゆう業ぎょう信しん用よう金きん庫こと銀ぎん行こうの仕し事ごとはほとんど同おなじですが、その仕し事ごとをおこなうための法ほう律りつがちがいます。また、信しん用よう金きん庫こは、それぞれの信しん用よう金きん庫こが受うけ持もつ地ち域いきが決きまっています。信しん用よう金きん庫こは受うけ持もつ地ち域いきの人ひとたちからあずかったお金かねを同おなじ地ち域いきにある企き業ぎょうや 地ち域いきの人ひと々びとに役やく立だてていく「地ち域いきにいちばん近ちかい金きん融ゆう機き関かん」です。「お金かねをあずける」という役やくわりは銀ぎん行こうと同おなじですが、信しん用よう金きん庫こは、地ち域いきの人ひと々びとのくらしや地ち域いきの会かい社しゃを応おうえんする役やくわりのほうが大おおきくなります。地ち域いきで新あたらしく会かい社しゃを作つくる人ひとなどの相そう談だんを受うけたりアドバイスをしたりもしています。自じ分ぶんの住すむ地ち域いき(地ち区く)の信しん用よう金きん庫こへ。お金かねが必ひつ要ような人ひとや新あたらしく会かい社しゃを作つくった人ひとたちの夢ゆめを実じつ現げんして、地ち域いきを元げん気きにしていきます。お金かねを借かりたい最も寄よりの信しん用よう金きん庫こへお客きゃくさまのもとへ実じつ現げん54

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る