地域のお仕事_島根東部_中高生
14/60

伝統の技術と最新の設備でおいしい「めん」をつくり続けている会社ですなかたかの仕事 〜ソフトめんができるまで〜株式会社なかたかは、長年に渡わたって地元で愛される、うどん、焼そば、 そば、ラーメンなどの「めん類」の製造・販はん売ばいを続けている会社です。厳選した「小麦粉」や「そば粉」等の原料を使い、最新の機械で作った 商品は全国の方々にとても喜ばれています。地元の方々との交流にも力をいれており、毎月「めんぐるバザー」などのイベントも開かい催さいして います。「めんづくり」を通じて地域社会を豊かにしていますめんの製造小麦粉、塩、水、でんぷんを混ぜ合わせ、生地のかたまりを作ります。混ぜ合わせた生地は、圧力をかけて繰くり返し伸のばしていきます。たっぷりのお湯で、めんをゆでていきます。ゆでた後は、冷水で冷します。切り出されためんは、専用の機械で1食ずつにまとめられてから包装していきます。生地のかたまりを圧延機で時間をかけて伸ばしていきます。なかたかでは、伸ばして帯状になった生地のことを麺めん帯たいと呼んでいます。原材料を混ぜる(ミキシング)圧あつ延えんゆで上げ・冷れい却きゃく包装21冷蔵トラックに積まれて、島根県はもちろん、全国に向けて配送されていきます。商品に異物が入ってないか金属探知機で検査します。最終工程では人間の目で商品を確認します。出荷異物混入検査5634出雲そばやうどんなど、なかたかでは、たくさんの「めん商品」が毎日作られています。今回は、みなさんの給食でおなじみの「ソフトめん」の製造工程を見てみましょう。14

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る