地域のお仕事_島根東部_中高生
46/60

ごみを処理したり、ごみを資源やエネルギーに生まれ変わらせたりして、環境を守っていますたくさんのリサイクル方法がありますおやつを食べた後の袋ふくろや使い終わったノートなど、家や学校で出たごみはどうしていますか? 三光は、みなさんの家や学校、工場などから集めたさまざまなごみを、できるだけリサイクルして、地域の環境を守っています。そして、ごみを処理するためにはたくさんのエネルギーを使うので、ごみから燃料や電気を作るなど、地球環境を守るためにさまざまなことに取り組んでいます。ごみを丁てい寧ねいに片付けて地域の暮らしと環かん境きょうを守りますごみ処理生まれ変わったいろいろな原料が、工業や農業に役立てられています。すべてのごみが、リサイクルできるためには、まだ時間がかかります。現在は、リサイクルできるものが80%、ごみとして処分するものが20%あります。三光は、ごみのリサイクル100%を目指しています。収集工場に届くごみはいろいろです処理別仕分けをします運うん搬ぱん発電、養よう殖しょくなどの熱に再利用されています。金属やプラスチックが再利用されています。排はい熱ねつを使うごみを種類ごとに分別する回収された市のごみ袋工場や企き業ぎょうのごみ有害なごみ油など紙くず・木くずプラスチック・ゴム金属・ガラス生ごみ雨水をタンクに貯めて冷れい却きゃく水すいとして利用しています!工場内でもリサイクル工場の様子微び生せい物ぶつでのリサイクル[生ごみなど]水と分ぶん離りし発はっ酵こうさせる肥料として生まれ変わり、農業などで再利用されています。小さくしてリサイクル[木くず・繊せん維い・ゴムなど]大きな板、畳たたみ、ふとん、車のタイヤなどを小さく破は砕さい固形燃料に生まれ変わり、いろいろな工場で再利用されています。23燃やしてリサイクル分けてリサイクル1446

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る