地域のお仕事_島根西部_中高生
12/40

地球環かん境きょうにやさしい「バイオマス事業」が山興緑化の主な仕事ですバイオマス事業って?(山興緑化のさまざまな取り組み)山興緑化は、木材チップ工場から排はい出しゅつされるバーク(樹木の皮)の堆たい肥ひ化(バーク堆肥)を目的に設立した会社です。私たちは、限りある資源の可能性を求めて、バーク堆肥の製造だけでなく、木質バイオマス燃料の製造、産業廃はい棄き物ぶつの運うん搬ぱん・処分、樹木の伐ばっ採さいなど、さまざまな業務をおこなっています。昭和52年の会社設立から積み重ねてきた知ち恵えと技術を結集して、資源を有効に活用できる循じゅん環かん型がた社会に貢こう献けんできるよう、新たな取り組みにも挑ちょう戦せんし続けています。樹木のリサイクルを通じて、緑あふれるまちづくりを目指していますバーク堆たい肥ひ製造・販はん売ばい「バイオマス」とは、動物や植物から生まれた資源の量をあらわした言葉です。山興緑化では、そのバイオマス資源のなかでも、公共土木工事や木材工場から排出される枝葉、木くず、家屋廃はい材ざいなどの「木質バイオマス」を主なリサイクル資源としてさまざまな事業をおこなっています。公共工事や造園工事で取り除かれた樹木の枝葉に木皮(バーク)を加えて破は砕さいしたものを原料に長期間発はっ酵こうさせた「完熟堆肥」を作っています。山から切り出した広葉樹を主原料とした良質のチップを作っています。環境にやさしい新素材、セルロースナノファイバーの原料にも利用されています。公共工事や造園工事で取り除かれた樹木の枝葉などを主原料に作られた「完熟堆肥」を元にした、有機質を大量に含ふくんだ「法のり面めん(人工斜しゃ面めん)緑化基盤材」を作っています。石油などの化石燃料以外の新エネルギーとして木質バイオマスエネルギーが注目されています。山興緑化の木材破砕技術を用いてバイオマス燃料に最適なチップを製造しています。土ど壌じょう改良材バーク堆肥(樹木リサイクル堆肥)製紙用木材チップ吹ふき付つけ土壌・緑化基き盤ばん材(リサイクル緑化基盤材)造成工事の伐採や素材生産をおこなっています。高性能林業機械を使用する作業からワイヤーロープを使った昔ながらの作業まで、現場や山の状態にあった作業をおこないます。伐採して生産した木材や購こう入にゅうした木材を選別して、合板工場や木材市いち場ば、製材所など、用よう途とに分けて出荷しています。山林伐採造材作業木材売買木質バイオマス燃料12

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る