地域のお仕事_島根西部_中高生
29/40

中村ブレイス独自の取り組み(メディカルアート)どうやったら、義肢装具士の仕事ができるの?中なか村むらブレイス 株かぶ式しき会がい社しゃhttp://www.nakamura-brace.co.jpURL大田市大森町ハ132TEL 0854-89-0231 FAX 0854-89-0018創業/1974年12月20日 従業員数/80人1991年(平成3年)、“心地よく使えるものを”という義肢づくりから、より本物に近づけるために、アート(芸術)の考え方を取り入れた『メディカルアート研究所』を設立しました。義肢や装具の装着部位の採さい型けい、製作、適合をおこなうためには、義肢装具士の国家資格が必要です。この資格は、国が指定・認定する大学や専門学校で専門的な知識と技能を身につける必要があります。卒業後には、中村ブレイスのような義肢装具メーカーに就職したり、病院や施し設せつで働いたり、国際援えん助じょ活動として、発展途と上じょう国こくや戦争被ひ災さい国こくで活かつ躍やくする人たちもいます。ケガや病気で体が不自由になったり、事故で手足を切断されたりした患かん者じゃさんが装具や義肢を装着された際、「楽になった、再度歩けるようになってうれしい」と言っていただけたときには非常にこの仕事のやりがいを感じます。これからも会社のモットーである「TシンクHINK」を常に心がけ、人に直接触ふれる製品を製作している会社として「人にやさしいものづくり」を続けていきます。この仕事の魅み力りょく一いっ般ぱん的てきな義肢と同じように事故や病気などで失った身体の部分に使いますが、使う人の形状や肌色に合わせて、本物の身体の一部のように精せい巧こうにつくられます。乳がんで失った胸の形を整える方法のひとつとして開発したシリコーンゴム製の人工乳房「ビビファイ」です。血管の見える肌はだの色や質感など、本物そっくりです。人工乳にゅう房ぼう「ビビファイ」人工補正具「スキルナー」地域を元気にする取り組み1987年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された大田市大森町は、『中村ブレイス』を創業した現会長の中なか村むら俊とし郎ろうが生まれ育った町です。島根県が誇ほこる世界遺産「石見銀山」のあるこの町をもっと元気にしていくため、古民家の再生事業を続けています。町にさまざまな文化を発展させたいという思いから、古民家を資料館やオペラハウスに再生したり、地域の方々には再生した建物をレストランやお店などに使ってもらったりしています。古民家再生活動29

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る