地域のお仕事_島根西部_中高生
34/40

「信用金庫」は地域で生まれた地域にいちばん近い金融機関です信用金庫と銀行ってどう違ちがうの?信用金庫ってどんな仕事をしている?今から70年前の昭和26年6月15日に定められた「信用金庫法」に基づいて設立されました。会員の出資により、営利を目的としない協同組織の地域金融機関です。毎年6月15日は「信用金庫の日」として、各信用金庫ではいろいろなイベントをおこなっています。地域の発展と会員・顧こ客きゃくへのサービス向上に努める金きん融ゆう機関です信用金庫信用金庫と銀行の仕事はほとんど同じですが、業務(営業)に関係する法律が違います。信用金庫は、それぞれの信用金庫で営業する地域が決まっています。担当する地域の方から預かった大切なお金を地域の中小企き業ぎょうや地域の人々に活いかせるように営業している「地域にいちばん近い金融機関」が信用金庫です。銀行は銀行法に基づいて「株式会社」である事が決まっており、株主の利益が優先されます。営業地区も決まっていないので、大きな会社との取引が多くなります。銀行と同じくお金を預かる役割もありますが、地域の人々の夢や挑ちょう戦せんを支える(応おう援えんする)役割が大きいです。地域で新しく会社を作る人などの相談を受けたりアドバイスをしたりもしています。自分の住む地域(地区)の信用金庫へ。お金が必要な人や新しく会社を作った人たちの夢を実現して、地域を元気にしていきます。お金を借りたい最も寄よりの信用金庫へお客様のもとへ実現悪あっき鬼くんしょうきくん日に本ほん海かい信しん用よう金きん庫こ公こう式しきキャラクター34

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る